スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神奈川を制するものは全国を制すといえば夏の高校野球

よく「日本一の激戦区」と夏の甲子園大会の頃には形容されるのが神奈川県の予選大会。
随分と前から200校以上からたった1校の優勝校しか甲子園出場が叶わないことが、他の都道府県との“格差”的な表現で扱われます。
ただ、その予選出場校が多いことだけがクローズアップされるだけでなく、その激戦を勝ち抜いてきた高校はすなわち関東・東日本の雄として紹介されるほどで、横浜、東海大相模、桐蔭、法政二などの春夏での全国優勝経験校も多々あります。
そのような環境の中、各校の名前とも遜色ないくらいに知名度があるのがそれら有名校を指導する指導者の方々。
上述の優勝高のほか、昨今でも有力校に挙げられる日大藤沢、桐光、慶應、横浜隼人などの監督・指導者方を取り上げたのがこの
高校野球 神奈川を戦う監督たち
です。

横浜高の渡辺監督と小倉部長などはもう全国区の著名野球人といって差し支えない方だと思います。
実際に雑誌や書籍などでも、折に触れて指導者に至るまでの道から横浜高校での指導内容なども取り上げられています。
この本では、この2人と同等レベルに踏み込んだ内容で他の著名指導者の方にも触れてくれています。

ちなみに横浜高校と言えば、私が今まで見たことのあるプレーの中で秀逸だと思っている1996年の選抜高校野球の試合。
横浜高校vs八重山商工戦で横浜高校が見せたあざやかな挟殺プレーです。
このプレーについても本書で小倉部長のコメントがあり嬉しくなってしまいましたが、一年に一回あるかないかわからないプレーだが毎日の練習メニューに取り込まれている内容だ、とあっさり言われてしまうと、高校生たちは日々どのような練習をして、あの大舞台で見られるプレーは氷山の一角なのでは?と思ってしまいます。


また、この本では高校野球の指導者となったいきさつや、いわゆる修業時代の話は、あの高校のあの監督の指導法や作戦の考え方のルーツがどこにあるのか?という興味をそそられました。
数年前に甲子園初出場で活躍した横浜隼人のハツラツとしたプレーには、花巻東に共通するルーツがある!?
などといった話題も。

いずれにしても、これら全国区の強豪同士の監督さん達が日ごろから盛んに交流し切磋琢磨しているのですから、激戦区神奈川の高校野球のレベルはしばらく安泰なのでしょうね。




※追記
この本を含めて、過去に紹介した本は
 別サイト:Baseball Website by Maddog31
でも、一覧にして紹介しています。
スポンサーサイト

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

東大予備軍である秀才たちの野球セオリーとは

東大進学ランキングなどで常にトップであり続ける東京都の名門高校・開成高校。
硬式野球部があり、甲子園への都大会予選では意外とコンスタントに勝ち上がっていることは知られていないです。
その野球部のさまを、実際に在籍した選手の紹介と共に追ったのがこの
弱くても勝てます
です。

全体練習は原則週1回。
それも試験期間前後には中止。

しかも、世間一般でいう「甲子園へ!」という強いモチベーションもない高校球児を相手に、監督がどのような動機づけ、どのような勝負感を持って選手を指導しているのか?
その辺がテーマです。
タイトルから連想される「頭脳的な練習」「頭脳的な作戦」めいたものを期待すると期待外れになります。

とは言っても、
「10点取られても15点取ってドサクサ紛れに勝つ」
をモットーに、どのような取り組みをしているのか?

秀才たちは学業の他に野球、野球部の部活動をどうとらえ、どう行動するのか?
という点は、確かに普通の高校球児とはかけ離れた世界に見えてきます。
いろんな選手を実名で追っていて、その辺は面白いところです。
実際に、(面識はありませんが)私の出身校の後輩が取り上げられていたりして、読み物としては“野球”に限らず、開成高校という進学校の実情の一端を知るには面白いところ。


高校の野球部についての話ですが、登場する監督の言葉、
「一般的な野球のセオリーは、拮抗する高いレベルのチーム同士が対戦する際に通用するものなんです。」
に続く考えは、草野球チームにも活かせる話ではなのかな、と思いました。




※追記
この本を含めて、過去に紹介した本は
 別サイト:Baseball Website by Maddog31
でも、一覧にして紹介しています。

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

『野球太郎』創刊!

中で編集されていた方とお会いしたこともあり、親しみを込めて愛読して久しかった『野球小僧』の休止を聞いたのはいつだったか?
その方々が場所と形を変えて心機一転、
野球太郎
として再出発されることを知ったのはつい最近。
このたび、創刊号として発売された本誌を早速購入しました。

内容は過去の経緯からの想像どおり、いや更にパワーアップしたという印象。
クライマックス、日本シリーズとポストシーズンへ盛り上がっていく日本野球の中でもう1つの大きなイベント、ドラフト会議に注目をした今回の特集。
日本国内津々浦々まで手を広げた取材力、それに多方面の専門家からの評価・多様なモノの観方という点でボリューム満点の内容。

中心となるドラフト候補選手の情報をふんだんに載せながら、他紙ではあまり見ることのなかった球児たちへのインタビュー、更にこれは他紙では見ないだろうという知る人ぞ知る方へのインタビュー記事なども。


今後の本誌の展開には引き続き注目ですが、
この創刊号の中でよかったなあ、と切に思ったのは、“伝説のプロ野球選手”板東英二氏が最後で語った部分。
野球に対する夢、希望。
野球と子供たちの関わり方の理想。




※追記
この本を含めて、過去に紹介した本は
 別サイト:Baseball Website by Maddog31
でも、一覧にして紹介しています。

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

FC2カウンター
Ads by Google
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
参加ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。