スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落合政権8年間の集大成

惜しまれながら監督を解任された“元”中日監督の落合博満。
その監督生活8年の集大成を記した本が、この本
采配


落合氏の本は前にこのブログでも紹介した『コーチング』の紹介記事
 http://bbbookshelf.blog12.fc2.com/blog-category-6.html
でも触れたとおり、言葉にブレがない。
これが読み終えた後の爽快さにつながります。

監督就任1年目の開幕戦で、それまで一軍から遠ざかっていた川崎投手を抜擢したこと、日本シリーズであわや完全試合達成か!?という山井投手を交替させたこと、などなど、ベンチ裏の真実が本人の言葉で正確に語られているだけで、中日ファンにはありがたい本になりそうです。


その他、“在籍時”には情報統制を敷いていて外に漏れてこなかったような内輪話もチラホラ。
でも、
一番訴えかけてくるものがあったのは
『練習するより頭を使え、という流れを作ったのは・・・』
という会話から始まる章。


落合博満の指導哲学が、もしかしたら今のMLBの育成方針に最も近いのでは?
と思わなくもない今日この頃です。








※追記
この本を含めて、過去に紹介した本は
 別サイト:Baseball Website by Maddog31
でも、一覧にして紹介しています。
スポンサーサイト

テーマ : 中日ドラゴンズ
ジャンル : スポーツ

落合の言葉と信念によるコーチング

中日の落合監督。
毎年オフ~キャンプの間にはチームの構想について発言があり、いろいろマスコミを賑わせることが多い監督ですね。

マスコミに発せられるコメントも気にしますが、野村克也氏が監督を辞めてから、今の球界の現場で言葉を語らせ、書かせたら相当だな、と思っている人が落合監督なんです。
そう思うに至ったのがこの本。

コーチング


現役引退から中日の監督就任までの間に書かれた(?)本になります。

野球に携わりながら“コーチング”について持論を展開し、野球だけでなく一般社会でもうなずけるような話になっています。

野村克也氏のように学問の様に体系立てているわけでもなく、著名な古典を引用しているわけではないですが、それだけに本人が直接言葉をよく選んで執筆したのであろうことと推測しています。
この本を読むと、キャンプでの練習方針などにおける落合監督の発言も軸がブレていないもの、と捉えることができます。
(今年のキャンプでは、例年とガラリと変えて「特守は志願制にする」と言ったそうですね)


『最近の社会では、
教える側は教えることに
教わる側は教えられることに
慣れすぎていると思う』
と持論を持ち出している、とある長距離砲(その後大ブレイクしたT選手です)の練習を見たときの話などは、なるほどと思いましたね。






※追記
この本を含めて、過去に紹介した本は
 別サイト:Baseball Website by Maddog31
でも、一覧にして紹介しています。

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

FC2カウンター
Ads by Google
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
参加ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。