スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松坂世代の名勝負の舞台裏

松坂世代”と呼ばれる松坂大輔選手を筆頭とする世代が最後の甲子園を戦ったのが1998年。
もう随分前のことになってしまいましたね。

桑田・清原のPLもテレビで観たのですが、テレビに釘付けになってみた甲子園の試合として今もNo.1として挙げたいのが、伝説の「横浜vs.PL学園」戦です。

その試合を克明に追った本がこの本です。


ドキュメント横浜vs.PL学園


本のタイトルはズバリそのままですね。
ちなみに本の表紙の写真が当時の横浜高校の背番号「1」松坂大輔投手。

試合の中の局面局面でどんな会話があったか、当事者(選手・監督)がどんなことを考えていたのか、細かく追われています。
この試合をビデオに録画しても持っているのですが、画面からはわからないことも沢山あります。

何より、高校生の試合であっても、このレベルになるとこんなところまで考えて戦っているのか!
と思わざるを得ない内容です。


この本を見て面白かったのが、
16回表の横浜のチャンスの場面での、上重聡投手(今は日テレのアナウンサー)の「目」で合図する(スクイズの)ウェイストのサインを打ち合わせする場面。

それに、試合とは関係ないですが
「横浜高校の練習風景」というコラム中で語られた、「スポ根」・「精神論」からかけ離れたスマートな練習風景について、です。



関連記事

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
Ads by Google
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
参加ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。